レンタルでAEDを導入する場合、大抵は消耗品がセットになってます。バッテリーや電極パッドは消耗品の中でも代表的なものですので、取り扱いについて調べられることが多いようです。設置時にこれらがセットで配布されることももちろん重要ですが、実際に使用して電極パッドの交換が必要になった時に無償で届けてもらえたり、バッテリーも無償交換できることがとても重要です。電極パッドは一度使ったら必ず交換しなければなりませんし、バッテリーにも容量や使用期限が決められています。

つまり、導入時に配布されたものをずっと使えるわけではないということです。それほど頻繁に交換が必要になるものではないため、AEDのレンタルでは比較する時にこの項目を見落としてしまうことがありますが、その都度費用が発生していたら費用もかさみます。無償となっているレンタル会社でも全てのケースでお金がかからないわけではなく、適切な使い方をしていない状態で消耗したり故障してしまった場合には費用が発生することが多いので、普段から使い方には気をつけなければなりません。無償の例外となる条件には、必ず目を通しておくべきです。

無償を謳ってる会社では、適切な使い方をしていれば無駄なお金をかけずにAEDを使い続けることができますのでお得です。知識不足で不適切な取り扱いをしてしまうこともありますので、導入時には関係者に対して注意点を伝えて周知していくことも大切なので、導入前にやるべきことを整理しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です