AEDをレンタルするのは商業施設や会社等が多いようです。人がたくさん集まる場所では使う可能性が高くなりますので、積極的に取り入れる施設が増えています。街中で目にする機会も増えていて、AEDを見たことはあるという人がほとんどですが、まだまだ家庭用の機器をレンタルするケースは少ないようです。しかし、心停止するタイミングは一般家庭内でのことが多いというデータもあり、家庭内への設置があれば救われる命があることも事実です。

家庭内で万が一心停止してしまったら、すぐそばにAEDがあることで命をつなげられる可能性があります。家庭用にレンタルする場合、重量にはそれほどこだわらなくて良いでしょう。設置場所から使うところまでが近いので、重いタイプでも問題はありません。室内に置くのですから防塵や防水にもこだわる必要はなく、簡易的でリーゾナブルなもので十分です。

シンプルな機種でも十分に対応できますし、もっとも簡易的なものでも性能面での問題はないはずです。それよりも使いこなせるようにあらかじめ操作方法に目を通しておく必要があり、いざという時に取り出しやすい場所に設置しておくことが大切です。レンタルにすると、購入するよりもはるかに安い費用で導入できますので、経済的負担も気にならずリスクに備えられます。現在様々な機種が用意されていますので、その中からより使いやすいと思える機器を選べばOKです。

家庭用ですから、使いやすさをもっとも重視します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です