中絶は女性の体に多大な影響を与えるとともに精神面でも負担が高くなることであるため、家族のサポートも重要になってきます。妊娠初期だと胎児もまだ小さく、比較的体の負担も少ないため手術を行い易く、決断するのであれば早めに行ったほうが良いです。誰でも中絶が認められるわけではなく、胎児が成長を続けることが母体の命の危機になる場合や、経済的な理由で育てていくことが不可能な場合、レイプ被害による妊娠などの場合があります。手術について医師から説明を受け同意書の提出などを行い、いくつかの検査を受け手術日を決めて実施されます。

妊娠初期での中絶は、赤ちゃんや胎盤などを掃除機のようなもので吸い取る方法や、スプーン状のものでかき出す方法などが多く行われます。中期になると人工的に陣痛を起こさせて流産させ、体内に残っている胎盤などを取り除く方法が行われます。赤ちゃんは火葬や埋葬が必要となり、死産届を市役所に提出するなど手続きなどが必要になります。中絶した赤ちゃんは、戸籍に残ることはありません。

いずれの手術も母体が健康体であれば日帰りでも行える方法ですが、家に帰ってから痛みを感じだす人などもいるため注意が必要です。精神的なショックでふさぎ込む人もいますから、側に付き添ったり話し相手になるなどし、必要であればカウンセリングを受けさせるようにすると、思い詰めすぎず苦痛の緩和につながります。費用などは病院によって違いがあるため、問い合わせて確認を行うと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です