天然セラミド以外には、どんなセラミドがあるのか

by:

イギリス売上NO1サプリ健康

天然セラミドは、スキンケアに利用されているセラミドの一種です。セラミドと言うのは人間の肌にも存在している成分で、肌の角質層、細胞と細胞の間で水分と油分のバランスを保つのを主な役割としています。よって肌の潤い保持には欠かすことができない成分だと言えます。そのためスキンケア製品でセラミドを補うことは、肌に対してその機能を与えることができる方法として非常に効率が良い方法です。

天然セラミドは、主には馬の、動物の脳や脊髄から抽出したセラミドのことです。人間と同じ哺乳類ですから、肌に対しての刺激が少なく、馴染みが良い、それでいて保湿や肌内部のセラミドを生み出す能力を高めることに対しての効果が期待できるとされています。スキンケアに配合されているセラミドで、天然セラミド以外にはどのような種類があるかと言うと、これは以下の通りです。まずは植物性セラミドです。

これは米や大豆、こんにゃく由来のセラミドのことです。どれも植物なので安全性が高いのが魅力ですが、特にこんにゃくセラミドに関しては安価で生産できること、また米や大豆のようにアレルゲンになりにくいと言う点が注目されています。それからバイオセラミドです。こちらは人の肌にあるセラミドを真似て、酵母から作られた成分です。

肌のセラミドとほとんど同じ構造をしているので、天然セラミド以上の肌馴染みの良さを期待することができます。しかも安価で安全性が高いと言うのも大きな魅力です。最後は合成セラミドで、これはセラミドに似た物質を化学的に合成して生み出した成分です。あくまでもセラミドに似た物質に過ぎないので、セラミドではないと言う点は知っておきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です