天然タウリンとは?合成タウリンと何が違う?

天然タウリンとは、貝やタコ、魚介類などの天然の食材から抽出された成分になります。もともとタウリンとは、アミノ酸の一種で、私たちの体にも含まれる重要な成分です。例えば、心臓に最も多く含まれており、他にも、肝臓、腎臓、筋肉、脳に存在しています。一方、合成タウリンとは、人工的に化学合成して作られたタウリンになります。

例えば、臭化エチレン・亜硫酸ナトリウム・アンモニアから合成されています。しかし、厚生労働省から認可された医薬品として、栄養ドリンクなどに使われる成分なので安全性は高いです。ただ、人によっては副作用の恐れがあります。このように、天然タウリンと合成タウリンの違いは、天然の素材から抽出されたか、化学合成されたかの違いによります。

ですが、どちらも効能は変わりません。例えば、代表的な効能のひとつに肝機能の向上が挙げられます。特に、アルコールを摂取した時に働いてくれます。私たちの体はアルコールを摂取すると、肝臓でアセトアルデヒドに分解します。

ただ、この作業はものすごく肝臓に負担をかけるため、お酒を飲み過ぎると、次第に肝臓が疲労していきます。ですが、タウリンには、肝臓で働く酵素の働きをアップさせるため、アルコールの分解を助けることができます。そのため、タウリンを摂取することで、肝臓の疲労を軽減し、負担を減らすことが可能になります。摂取する場合では、天然タウリンでも合成タウリンでも効能は変わりません。

ですが、天然タウリンの場合、魚介類などからも摂取することが出来ます。そのため、タコや貝などを積極的に食べることで、肝臓の疲労を軽減することが可能になります。プロテインダイエットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です