サッカーは世界的に見てもメジャーなスポーツ

世界で最も人気の高いスポーツの一つが、サッカーです。日本ではサッカーよりも野球の方が人気が高いと感じる人も多いかもしれませんが、実は世界的に見れば野球はかなりのマイナースポーツになるわけです。日本や台湾、韓国のようなアジアの一部地域と、アメリカやドミニカ共和国、プエルトリコなどの北米の一部地域でしか人気がありません。サッカーは全世界的にどこでもまんべんなく人気が高いので、総合的に見ればサッカーの方がメジャースポーツだと言えるはずです。

サッカーのワールドカップは、毎年数十億人という多数の人に注目がされるイベントです。まさに地球規模で盛り上がるのがワールドカップだと言えるでしょう。先進国でも発展途上国でも同様に盛り上がれるスポーツは、他にはあまりありません。サッカーは高価な道具がなくてもできる点が、世界的な広がりを見せた理由だといえます。

発展途上国でも、ボールが一つあればそれで練習ができるのです。貧しい国から、将来のスター選手が現れるケースが相次いでいます。子ども時代貧しい生活をしている人ほど、ハングリー精神が養われるので、大成しやすいのです。日本ではまだまだ世界に通用するレベルの選手が現れていません。

ですが、今後は日本人のプロプレイヤーが世界で数十億円というお金で雇われることも多くなっていくはずです。日本で本格的にサッカー人気が加熱してきたのは2000年代に入ってからなので、まだ若い人たちが育ちきっていないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です